簡単 無理の無い 節約、倹約紹介サイト  

会社で働くパパでもできる簡単な節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

意外と知られてない「出産手当金」

出産のときに30万円もらえる「出産一時金」は皆さんご存知だと思いますが、
出産手当金」は意外としられてないと思います。
実際、私も子供が生まれるまで知りませんでした。。

これは、出産のため仕事を休み、お給料などがもらえないときには、仕事を休んでいた期間の生活費の一部として休業1日につき、お給料の日割り分の6割相当額が支給される制度です。

条件によって異なりますが、一般的な派遣の方で約50万円もらえてしまう非常においしい制度なのです、

おおまかな条件は
1.会社での健康保険に1年以上加入していること(国民健康保険NG=バイトNG、派遣OK)
2.会社での健康保険の加入者か、やめてから6ヶ月以内の出産であること(会社を辞めても健康保険の任意継続期間が終わってから6ヶ月以内でもOK)
です。

※法律改正があり、2007年4月からは上記2番のうち会社を辞めた場合および
任意継続の方は出産手当金の給付は受けられなくなります。

【参考】
出産手当金の改正、任意継続と扶養どっち?

つまり、派遣の方で出産がわかって退職する方は結構多いと思いますが、妊娠から出産まで約10ヶ月強ですから、数ヶ月会社での健康保険を任意継続すれば「出産手当金」がもらえてしまうのです。

50万円は大きいので対象の方は忘れずに申請することをオススメします。

【参考:はけんぽHP】
http://www.haken-kenpo.com/guide/case10_1.html
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

激怒:「出産手当金」の改悪(☆)

少子化対策が必要って言われて久しいなか、健康保険法がとんでもない改悪をしていて、2007年5月過ぎから「出産手当金」を貰える人が大幅に減るということに気付きました。この記事は、何か「お得」な情報を伝えるのではなく

ぼちぼち「お得」でプチリッチ 2006年10月24日(Tue) 00:11


SEO対策:クレジット SEO対策:カード SEO対策:チケット SEO対策:金券 SEO対策:ポイント SEO対策:家計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。